230903flt

FLT 6'2 イエローティントカラー

ハラ~ムネ・カタといった普段使いから、今日のようなオーバーヘッドなハードコンディションになっても持っていると安心できるオールラウンドパフォーマンスボードコンセプトの1本。

サーフィンスキル高くハイパフォーマンスライクなら身長前後に、リラックスにファンパフォーマンスといったスタイルなら身長より少し長めにといったところがおすすめなレングス目安。

長いほどにドライブ感が高まります。

フィッシュのような高い安定感、フィッシュのようなパドルの速さやテイクオフの早さ、そしてフィッシュのような乗りやすさでスラスターサーフィンを楽しむがコンセプト。

胸の前辺りのワイドがパドルプッシュをしやすく、ドルフィンスルーの後のパドルへの移行も素早く楽で、パドルダッシュのしやすさからもとにかくゲッティングアウトが楽に感じられるのが魅力。

個人的にはこのゲットの速さとしやすさに、まず何よりこのFLTに強い魅力を得られている大きな要素なところだと気に入っています。

フィッシュライクな伸びのあるドライブターンをスラスターセッティングで楽しめるのもこのFLTならではになったところだと思います。

ダイアモンドテールはブレイクが掘れても尖った先端がホールド感と安定感を与えてくれ、カットされたレールによる小気味よく反応してくれるコントロール性は、スラスターならではでもあるバーティカルなアプローチも楽に機能してくれます。

そしてテールカーブロッカーがサイズアップにパワーアップしたブレイクや掘れるブレイクにも馴染みやすくオールラウンド性を高めてくれ、スムースなテールコントロールによるイージーターンを気持ちよく楽しませてくれる。

まさにフィッシュライクなリラックスサーフィンを楽しませてくれるスラスターモデルとして仕上がっていると感じます。

サイズアップしたコンディションの海を眺め、短いフィッシュなどではちょっと面倒くさそうだなぁ~と躊躇してしまうような場合でも、

まずボードの長さに安心感も得られ、ゲッティングアウトの楽なところからも「よし!やろうと」と積極性をアップできる、
まさにそんな時に持っていると安心できる1本になるとおすすめな板です。

ちなみに私は身長175(5'9)で5'11に乗っています。

小波寄りでは5'10の方がパフォーマンスライクには攻めやすいかなと感じるところはありますが、サイズアップしての安心感や積極性的には丁度よいか、6'0でもいいかなといった感じです。

リラックスには自分なら6'2辺りかな~とイメージする感じです。

ユーザー様のスタイルやスキルに合わせて提案させていただいております。

ティントカラーもばっちりハマるファンパフォーマンスショートボードですね。

このモデル、5プラグでのクアッドで乗るのも凄く楽しくおすすめです。

波のハイラインも攻めやすくなり、更にフィッシュライクな気持ちよい伸びのあるドライブターンを感じられるようになります。

波の下を抜けるのも更にイージーになる気がしますね。

フィンはダイアモンドテールの反応の良さからも、テールがホールドしてくれるグリップを高めてくれるフィンが個人的には相性よく感じます。

FCSⅡのスタンダードフィンではパフォーマーよりはアクセルレーターといった感じですかね。

ご参照まで。
230517b

FISH MIDよりも更に短く、パフォーマンスライク高く乗りたいといった場合にもおすすめです。