今日は一日北東寄りから南東よりの風が入るパッとしない予報でしたが、なんと夕方無風に。

ムネ~カタのミラクルに中々良い波でした。

後半結構グリグリ速いブレイク。

テールロッカー強めたチューニングのファットドリフター、厚いところからテイクオフ速くて、掘れてもフィットに調子よく楽しめました♪

そして今日感じたフィンのフィーリング。

210403

FCSⅡのフィンを購入する際、NEO GLASSがいいの?PCの方がいいの?とお悩みに相談をいただくこともありますが、ググっても中々その辺書いているところを見かけることは無いですよね。

基本的にフィンが硬いと、ボードのレスポンス(反応)がダイレクトに感じられるようになります。

プロサーファーが硬いフィンを好むのは、ボードのポテンシャルとレスポンスをダイレクトに、
また素早くも感じたいからなんですよね。

逆にフィンが柔らかくなると、コントロールや反応での遊びを感じるようになります。

反応の余裕というか。

フレックスによって何かと伸びを得られる感じがしたり。

この遊びがパワーレスな厚いブレイクでコントロールしやすく感じたり、またバランスを崩してもリカバリーしやすいといったメリットを得られるようになるんですよね。

こういった所からビーチブレイクでの変化激しいブレイクコンディションでは、一般的には柔らかめな素材のフィン、リーフブレイクなどのフェイスが固く規則正しくブレイクするような波では硬めな素材のフィンがおすすめとなるわけです。

まあ基本的にはこんな感じですが、好みもあるとは思います。

少なくともフィンのデザインでカッコいいからと選ぶことは、まあ人それぞれですが、サーフィンの調子よさを考える中ではおすすめはしませんのであしからず・・・