年末に完成した、シェイプしてもらっていた私のパーソナルオールラウンドパフォーマンスショートボード・・・FAT DRIFTER

210113fd
昨年シェイプしてもらったFAT DRIFTERは、好評な2020年リニューアルコンケーブデザインをベースに新たなコンケーブに挑戦&テストとしてシェイプしてもらったのですが、良いかな?どうかな?と思ったところがデメリットとなってしまい、そのテスト結果から修正に新たにシェイプしてもらっていました。

年始は中々サイズアップなコンディションでサーフ出来るタイミングがなく、先日やっとムネくらいまでサイズアップしたコンディションでテストライド出来ました。

これが最高でした。

厚いポジションから少しでもテイクオフで加速を感じアプローチしたいところですが、パドルを始めると同時にどんどん加速するので、速いブレイクでも素早くアプローチが可能となり、2020年好評なリニュアルに進化させたコンケーブエリアのメリットも得られ、ドライブの伸びも凄くワイドなブレイクもスカーンと抜けてくれました。

このテストは凄く勉強にもなりましたね。

2021年、ヨシノシェイプのボトムデザイン、益々進化を遂げられました。

温暖化でコンディションの変化もある昨今、ボードの形状だけでなく、こういったボトムシェイプの進化による乗り味の進化も大切に思えます。

今回はFAT DRIFTERでもサイズあるコンディションでも楽しみやすいように、マイパーソナルボードとしてノーズ先端のフリップを強めて、スラスターのみで乗ることも考慮にテールエンドのワイドも細めにチューニングしてもらいました。

掘れるポジションからも余裕を得られるようになり、またテールコントロールの素早い反応が大変気持ちよく楽しめるように仕上がりました。

19 7/8(50.5cm)と、パフォーマンスショートボードとしては、はじめてワイドも出してみましたが、むしろ安定感と余裕感がアップに、反応鈍くなることを感じることなくグッドフィーリングですね。

最近ツインにハマってずっと乗っていましたが、ボトムからの鋭角なリッピングは”スラスターならではにやっぱり面白い!”てな感じです・・・