180607sw

今日はこのウネリの予報から昼前狙いでサーフ。

期待通りハラ~たまにムネくらいのサイズで風の影響もなくサーフ出来ました。

本日はJAVA EPSフォームのFMJでサーフ。

180607fmj


ここのところPUばかりでサーフしていたので、久々にスモールなコンディションでヨシノシェイプのJAVA EPSのメリットなフィーリングをつくづく感じられたので書いてみたいと思います。

パッカンボードなEPS、普通の仕上げのEPSの「硬いフレックス感」「フワフワと嫌な浮力感」「強すぎる反発」「強いオフショアで降りて行かない」「サイズアップすると浮いてしまい降りて行かない」「ポケットなどでタイトに攻めるのが困難」また「壊れて浸水すると中々水が抜けず乾かない」といったデメリットが多く、やはりPUでしょと私も吉野も嫌いリリースを見送っていましたが、

高密度なブランクスJAVA EPSブランクスはPUと同じような浮力感覚によるパドルフィーリングやテイクオフフィーリング、優れたフレックス性によるタイトなコントロールフィーリング、また修理の容易さからもリリースに至っています。

メリットとしては、一言で表現すればPUに更に反発アップをミックスした感じ。

従来のEPS素材のボードは浮力が強く、PUフリークなサーファーにとっては何かとボードを沈めることが出来ずフワフワした感覚を嫌っていたと思います。

この沈みずらいフワフワした感覚は、パドルやテイクオフで不安定感や駆動へ繋げるのに支障になることもあります。

しかしこのJAVA EPSフォームのヨシノシェイプのフィーリングは、浮力が強いというフィーリングではなく凄くタイトであり、浮力と揚力のバランスに優れていると感じます。

漕ぐ際はタイトな厚さでもしっかりと浮力を感じられる。

パドルで漕ぐ際は浮きすぎずボードに荷重をかけると適度に沈み駆動をしっかり感じられる。

パドルを繰り返す際にリリースした際に得られる反発と揚力により、PUでは感じ得られないパドルの伸びを感じられ、パドルが軽く驚くほどに速いパドルを可能に出来る。

当然ゲットが楽ちんになる。

テイクオフではブレイクしてもシフトダウンしてしまうような厚いブレイクで、PUでガン漕ぎして何とか滑り出したと思っても滑り出し切らないブレイクであっても、一度滑り出してしまうと厚いブレイクの波に引っ付いたかのように止まらない。

なので飛躍的に乗れてしまう波が多くなり楽しい。

乗ってからもやはり波に貼りついたかのようにずっと駆動を感じるように走り続けることが容易で、PUではメイクしきれないフラットフェイスな厚いブレイクでのカットバックもスピードロスを感じることなく攻めることができ、カットバックでの動作の中で高い反発とレスポンスが助けてくれるようにイージーに回してくれるメリット。

厚いパワーレスなショルダーでも高い反発によるレスポンス気持ちよくレールワークが可能になり、グングンとスモールなショボいショルダーもイージーに加速を楽しめるメリット。

ボトムへとボードを落としやすく、ボトムでのコントロールもレスポンス軽く、ボトムターンでパワーを溜めてトップへアプローチする際のやはり高い反発とレスポンスにより、PUでは感じ得られないあっという間に素早いトップアプローチが何とも気持ち良すぎるJAVA EPSで感じる独特なメリットでもあります。

ボトムのカーボンストリップとJAVA FOAMの優れたフレックスに絶妙なバランスでもあると感じますね。

元気で若いサーファーが細かい動作で厚い波を乗り継いでいても、中々そういった動作でボードコントロール出来ずにライディングが続かないといった年配の方にも、間違いなく強い味方になる素材だとおすすめ出来ます。

PUよりも材料費は勿論、手間と時間も比較的かかってしまうので20.000円+TAXチャージとお高くなってしまいますが、間違いなくメリットを得られる素材なので、ぜひおすすめです。

PUでは感じ得られなかった、また今までのEPSで感じ得られなかった面白さを感じられてみてはいかがでしょうか?

きっとサーフィンの可能性の幅も、更に広がるかと思います。

さてEPSのフィーリングを書いてみましたが、新しいFMJも面白い!

新しいFMJはノーズワイドを更に膨らませ、更に小波でもプッシュさせやすく、柔らかいブレイクでも安定感高く攻めやすくリファインしています。

180607fmjn

少々短めに、このシャープなポイントノースが軽快さとキレ良くノーマルショートフィーリングにパフォーマンス性高く攻められるデブッちょすぎないパフォーマンスショートボードです。

現在のポイントノーズデザインなノーマルパフォーマンスショートモデルのSUPER BALLやMDR、思いっきりデブッちょなHARD BALLの中間となるデザインになります。

テールデザインはバンプが無い少しワイドでラウンドテール気味なスカッシュテールが、スムースでレスポンス高い回転性イージーに気持ちよく攻めさせてくれるのが特徴でもあります。

180607fmjt

ショボ波からミディアムウェーブコンディションでイージーに沢山乗れる、デブッちょすぎないノーマルショートフィーリングにパワーレスブレイクを攻められるボードを求める方に、ぜひおすすめするモデルです。

特にJAVA EPSフォームでオーダーされると、ショボ波コンディションでも積極的に使用でき、使い道幅広くキレ良いパフォーマンスサーフィンを満喫していただけると思いますよ!

週末にまた動画を撮っていただけるので、HARD BALLとこのJAVA FOAM EPS FMJも乗って撮ってもらおうかなと思ってます。

きっとこのブログで書いているヤバさを、感じていただけるのではないでしょうか?

頑張って攻めなけりゃ・・・ですね^^;

k

宜しければポチッとご協力ヨロシクです・・・