今日は風が弱まる予報で朝のうちは比較的影響ない感じでしたが、ブレイク小さくイマイチ。

午後はかなり更に風が弱まる予報だったので、お客さんとの約束もあったのでまずは仕事優先に。

用事済み海に行こうとウェット着替えて外に出たら、まだ結構風強い感じ。

波も小さいので今日もEPS FMJ

180412fmj

従来のEPSフォームのボードって、何かと変にフワフワした感じで好きになりませんでしたが、

この新しいJAVAフォームのEPSは全くそんなことないですね。

フワフワした感じではなく、パドルもテイクオフもライディングでもPUと違いを感じないフィット感。

PUよりもレスポンスと反発が強まった感じのフィーリング。

PUにパンチをプラスした感じって言うかな。

パワーレスに柔らかいセクションでPUでは上体リードにボードを反発させる必要なく、踏込みリリースするだけでボードがスピードアップする乗りやすさ。

パワーレスブレイクのフェイスでも跳ねを感じるかのような反発とレスポンスの良さが、確実にPUよりも色々メリットを感じますね。

今までのEPSにどうも苦手意識を持たれている方も、ぜひぜひ試して欲しい。

フィーリング的にPUと変わらないところが、積極的に乗りたくなる気にさせてくれます。

ボトムでタメてリリースした瞬間、気付けばトップアクション攻められているのが何より楽しいかも。

ストリンガーレスなEPSブランクスはハンドシェイプではかなり手間がかかり、ヨシノシェイプでは今の所ストリンガー入ったブランクスでシェイプしてますが、カーボンストリップでフレックス&反発をを調整するといいですね。

今回はノーズ先端までカーボンストリップを入れてみましたが、これはこれで反発気持ちよく楽しい。

でもパワーレスな小波になるほど、小波用として使用するボードはノーズ先端まで入れずに、アクセル部分の所だけ入れると更にフレックスアップに良いフィーリングです。

次のEPSボードでは先端までは入れずにフレックス強めてみようと思います。

テールから波のパワーを弾かれるかのように素早く滑り出すテイクオフの早さは、PUとはまた違ったパワーレスブレイクでメリットとして強く感じるところでもあります。

今日も南西のオフショアな風が強く吹いていましたが、今までのEPSのデメリットとして言われていた「風で煽られ滑り出さない」「降りて行かない」といった感覚は全く感じませんね。

ほんとブランクスの進化に感謝な面白さをつくづく感じられています。

興味持っていただける方は、ぜひお問い合わせの上事務所に見に来てください。

今まで見ていただいた方々が皆まずは言われるほど、めっちゃ軽いですよー

PUとコンディションによって使い分けると凄く楽しいと思います。

サイジングもPUと同じにレールダウンに調整するか、タイトなフィーリングを求めるほど若干薄目がおすすめな感じです。

どうもパワーレスなスモールウェーブでスピードロスしてしまうなんて方は、ぜひ試して欲しいです。

もの凄く満足をいただけるようになるのではないでしょうか。

さてウェットスーツのオーダーフェアをスタートしました。

今季新しいモデルとして2タイプをリリース。

開口部大きく着脱しやすいLCZモデル。

lcz

首や背中周りにストレスなく運動機能性が高く、防水性もかなり期待出来るタイプ。

そしてオルタナティブ系スタイルな方にマッチするクラシックライン

cl1
cl2
詳しくはコチラをチェック!


18spsmhuey

しかし南風の強風で物足りないサイズのパターン

いい加減終わって欲しいですね。

週末はまた春の嵐になってしまいそうな予報です。

風予報をチェックに、少しでも風が弱まる時間帯をチェックされることをおすすめします。

k

宜しければポチッとご協力ヨロシクです・・・